デスノートに学ぶ自分メディアでのファンの作り方

デスノート

「新世界の神となる」というセリフが印象的な漫画「デスノート」

ドラマや映画にもなっており、ファンの多い作品です。

僕も漫画のファンで、映画もみました。

最近はドラマ化されたので、それも欠かさず見ており、そこで、これは自分メディアにも役立つ!というものがあったので紹介します。

 

デスノートのストーリー

まずデスノートのストーリーです。

ストーリーは、漫画・映画・ドラマでそれぞれ少し異なっておりますが、共通しているのは…

デスノートと呼ばれる名前を書くだけで人を殺せるノートを手にして、犯罪者を裁いていくキラと
キラを捕まえようとするL(エル)との頭脳戦

ということです。

冒頭の「新世界の神となる」というセリフはキラが言ったもので、デスノートを使うことで「犯罪者のいない世界、心優しい人間しかいない世界(新世界)を作る」という意味が込められています。

未来の提示によりコアなファンを作る!

犯罪者とはいえ、人の命を奪うキラに対して警察は対策チームを作り、対抗します。

しかし、世間ではキラ支持派も多く、さらに、キラを崇拝して、キラのためなら命も投げ出すようなコアなファンもできる、という状況になります。

この流れを見ていて、自分メディアに活かせる部分があるんじゃないかと気付きました。

それが「新世界(未来)の提示」です。

 

「新世界(未来) の提示」とは?

 

デスノートでいう新世界とは「犯罪がなく、心優しい人間のいる世界」です。

これに共感した者たちがキラを支持するわけです。

つまり、「新世界」という明確な未来を提示することで、共感が生まれ、そこからファンができる

未来の提示→共感→ファン化

という流れです。

ただ、実際は未来の提示だけでは、ファン化はできません。

そこに、未来を実現する力(もしくは実現できると思わせられること)が必要です。

ここでいうと、「デスノート」がその力になるわけです。

 

ファン化のポイントは2つ

 

まとめると、

  • 提示する未来が明確
  • それを実現する力がある(実現できると思わせられる)

という2つのポイントを押さえていれば、ファンを増やすことができるということ。

デスノートでいうと、
【提示する未来】は、犯罪がなく、心優しい人間のいる世界
【実現する力】は、デスノートと呼ばれる死のノート、警察にも逮捕されない頭の良さ

そう考えると
【提示する未来】は明確にできても
【実現する力】って簡単ではないですよね。

 

以上、デスノートを見ていて思いついたので、紹介しました。

 

 

デスノート全巻セットはこちらから

DEATH NOTE (デスノート) 全12巻セット

 

 

複業MRとは?

複数の生業(なりわい)を持つMRのことを指す造語。

ぼくの場合、「MR」「ウェブサイト運営」という2つの生業(なりわい)を持っています。最近では「不動産投資」を勉強中…

これからは「MR×〇〇」といった複業が当たり前になる!

という予想からMRやMRになりたい人向けに自分のライフスタイルなどを発信しています。