MRの1日のスケジュールとドクターへの面談法

スケジュール

こんにちは、複業MRのたかくん(@WakuWorkLife)です。

今回はMRの1日のスケジュールと、それとは切っても切り離せないドクターへの面談法をまとめたいと思います。

まずはMRの1日のスケジュールから。

MRの1日のスケジュール

MRの1日の流れをまとめてみます。

開業医担当と病院担当のふたつにわけてみました。

※細かくいうと、その地域や会社の担当の振り分けによって異なりますが、そのあたりはご容赦下さい。

開業医担当MRのスケジュール

7:30〜10:00 卸店訪問
(自宅から直行し2〜3社訪問)
10:00〜11:00 営業所へ出社
(訪問準備などの内勤業務)
11:00〜12:00 医療機関訪問
(診療の空き時間に面談:2軒)
12:00〜13:00 医療機関訪問
(午前診療後に面談:2軒)
13:00〜14:00 昼食
(午後の訪問準備など)
14:30〜15:30 医療機関訪問
(午後診療前に面談:2軒)
16:00〜18:00 医療機関訪問
(診療中の空き時間に面談:3軒)
18:00〜19:00 医療機関訪問
(午後診療後に面談:2軒)
19:00  営業所へ帰社
(日報入力などの内勤)or直帰

 

 

 

 

病院担当MRのスケジュール

8:00〜9:00 病院訪問
(診療前のドクターと面談)
9:00〜11:00 営業所へ出社
(訪問の準備などの内勤業務)
11:00〜13:00 病院訪問
(午前診療後のドクターと面談)
13:30〜14:00 病院訪問
(午後診療前のドクターと面談)
14:00~15:00 昼食
(午後の面談準備など)
15:00~16:00 病院訪問
(薬剤部などへの訪問)
16:00〜17:00 病院訪問
(午後診療後のドクターと面談)
17:00〜20:00 病院訪問
(帰宅前のドクターと面談)
20:00 営業所へ帰社
(日報入力などの内勤)or直帰

 

 

 

 

 

 

 

一概にこれだけではありませんが、オーソドックスなMRの1日の面談の流れはこんな感じです。

MRのドクターへの面談法

ドクターへの面談法はいくつかありますが、大きく「開業医・クリニックのドクターへの面談法」「病院ドクターへの面談法」の2つに分けられます。

クリニックなど開業医との面談法

開業医の面談法でも、面談時間が決まっているか・決まっていないかで変わります。

【面談時間が決まっていない場合】

面談時間が特に決まっていない場合は、診療中、患者さんが途切れたタイミングで面談可能です。

例えば、11:00ごろや16:00ごろ

(ただし、ドクターにこの時間でいいのか確認した方が賢明、本来は面談時間を決めていることもあるため)

【面談時間が決まっている場合】

面談時間が決まっている場合は、当たり前ですが…その時間に合わせた面談になります。

例えば、午前診療後(12:30〜)、午後診療前(15:00前)、午前診療後(18:30〜)

などと時間帯が決まっている場合や、

時間帯+曜日指定(木曜以外18:00、水曜12:00のみ)などがあります。

他にも、アポイント面談などがあります。

病院のドクターへの面談法

病院のドクターへの面談は、訪問ルールがあるか・ないかで異なります。

【訪問ルールがない場合の面談法】

病院の場合、ドクターがいる医局という部屋があるので、訪問ルールがなければ、その医局でドクターを見つけて面談することになります。

昔はこういった面談法が普通だったようですが、今はセキュリティの問題もあり、こういった面談法は少なくなっています。

【訪問ルールがある場合の面談法】

訪問ルールもさまざまですが、医局に入ってはいけないという場合、医局前廊下などで待って、通ったタイミングで話しかけることになります。

また、時間指定があれば、その時間しか医局前廊下にいられなくなります。

例えば、16:00〜17:00の間のみなど

最近では、訪問規制が厳しくなり、こういった病院が増えています。

さらに、完全アポイント制といって、ドクターから何日の何時に面談できるという約束をもらわないと、訪問してはいけないという厳しいところもあります。

アポイントの方法としては、医局秘書さんを通したり、ドクターのアドレスを知っていれば、直接メールをしたり、という方法があります。

一番会うハードルが高い面談法でが、面談できればゆっくりドクターと話せるチャンスです。

 

ということで今回は、MRのスケジュールとドクターへの面談法をまとめてみました。

MRは、ドクターと会えないと仕事にならないので、いかに面談機会を創出するかが重要です。

そのためには、会いたいと思われる必要があります。

「会いたいMRになるための工夫」に関しては、また改めて記事にしたいと思います。

また、こちらで紹介している書籍はそういう「会いたいMRになるための工夫」が凝縮されているのでオススメです。

現役MR推奨!MRの仕事をより良くするために読むべき5冊

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

MRの転職事情について現役MRが解説!

実例紹介!空気を読めないMRとは?

MRの年収について現役MRがぶっちゃける

MRとは?医薬情報担当者について現役MRが解説!

複業MRとは?

複数の生業(なりわい)を持つMRのことを指す造語。

ぼくの場合、「MR」「ウェブサイト運営」という2つの生業(なりわい)を持っています。最近では「不動産投資」を勉強中…

これからは「MR×〇〇」といった複業が当たり前になる!

という予想からMRやMRになりたい人向けに自分のライフスタイルなどを発信しています。