転職35歳限界説とMRの転職!30代だけど転職できる?

こんにちは、複業MRのたかくんです。

今回は「転職35歳限界説」についてです。

30代になると転職は厳しくなる、といわれていますが、実際はどうなのか?を紹介していきます。

結論から言うと、30代でも転職できます。職種によっては50代であろうと転職は可能です。

よく30歳からは転職が難しい、35歳を超えるとまずできないと聞くことがありますが(転職35歳限界説)、求人を出している企業の需要と就職先を求めている求職者の需要が見合っていれば契約は成立するのですから、転職に年代は関係ありません。

特にMRは転職もしやすい職種なので、それに関しては後述します。

30代よりも20代の方が転職しやすい理由

そもそもなぜなぜ10代、20代が30代以降よりも転職しやすいのかというと、何にも染まっていない若さという企業側にとってわかりやすい最大の武器を持っているからです。

20代後半でも若いかどうか疑問が持たれるのに30代以降には若さはさすがにありません。

30代は今までの経験を武器にして勝負することが大切になります。

30代転職のアピールポイント

30代でなかなか採用されないのは、新卒ないしは第二新卒しか採用しないと決めているような若さ第一の企業やたくさんの経験を持っている即戦力のスーパーマンを求めているような企業とはマッチングしないことがあります。

第二新卒以降の年代の中途採用を行っている企業や経験不問の企業であれば30代での転職も難しくありません。

また、中途採用でも未経験者を求めているのか経験者を探しているのかで細かく分かれています。

例えば、仕事内容はいちから教えるので未経験者でも構わないが、接遇マナーは教えられないので既に身に付けている人が欲しいと考えている企業でしたら、電話対応がおぼつかない、社会人経験の少ない若者よりもある程度経験を持っている年代を希望するでしょう。

アルバイトやパートは職歴にならないというのは、アピールする方法を間違えているからです。

非正規雇用であっても働いている限り電話対応、接客対応は身についているはずです。ようは企業にとって採用するメリットがあれば転職できるのです。

30代の転職は狙い目

今(2017年)の30代~40代は就職氷河期にあたってしまった世代です。

正社員雇用が少なかったために学校を卒業しても長く勤めあげられるような企業に就職できた人が少なく、半数以上が転職を経験している状態です。

それは逆に企業にその年代がいないということにもなります。

就職氷河期に採用を絞った結果ベテランの50代と若い20代を繋ぐ中間世代にぽっかり穴をあけてしまい慌てて探している企業は案外少なくないものです。

ちなみに中途採用枠でしたら30代はまだ若い年代です。業種によっては40代ですら若者とみなされてしまうところもあります。

人気のある大企業でしたら転職するには企業が求めるレベルのスキルや経験が必要になってきますが、自分のスキルや経験に基づいて転職先を探せば必ず転職はできます。

探す努力は必要ですが安易に妥協する必要はありません。

大切なのは自分の武器をしっかり把握してアピールできるようにしておくこと、そして何より企業分析力です。

自分の持っている経験が転職を希望している企業の希望にマッチしているか事前にしっかり調べ上げておけば、不採用が重なり辛い転職生活を送ることもなくなります。

MRへの転職なら年齢は関係ない?

特にMRへの転職を考えているなら方なら、30代でも迷わずチャレンジするべきです。

それだけ魅力のおる職業ですし、他職種からの転職もしやすいのがMRの特徴です。

MRへの転職に関してはこちらの記事で詳しくまとめています▼

MRにないたい方へ!MRに向いている人、向いていない人、やりがい、必要な資格、おすすめの転職サイトをまとめてみた

現役MRとしてもおすすめの職業で、他職種からの転職も多いMRですが、MR未経験者だと転職後のMR認定試験の勉強に苦労している印象はあります。

年に1度(12月)の試験で現役MRならほとんどが合格している試験なので受かって当たり前という雰囲気があり、そのプレッシャーは大きいです。

とはいっても7割〜8割の合格率なので、転職後の研修や勉強をやっていれば、そこまで神経質になる心配はないかと思います。

MRへの転職は需要も大きいため転職サイトの中には製薬会社に特化した転職エージェントがいる場合もあります。もし本気でMRへの転職を検討しているのであれば、そういった製薬会社、MRへの転職に特化した転職エージェントがいるところを選んで転職することが近道です。

おすすめはこちら▼

「DODA(デューダ)」

 

他業種からの転職であればほとんどの場合MRになって年収アップが可能です。福利厚生もしっかりしているので、もに気になる方がいれば是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

複業MRとは?

複数の生業(なりわい)を持つMRのことを指す造語。

ぼくの場合、「MR」「ウェブサイト運営」という2つの生業(なりわい)を持っています。最近では「不動産投資」を勉強中…

これからは「MR×〇〇」といった複業が当たり前になる!

という予想からMRやMRになりたい人向けに自分のライフスタイルなどを発信しています。