事故や違反でMRが営業車を使えなくなったらどうするの?

こんにちは、複業MRのたかくんです。

毎年、新人MR配属の時期になると、話題になるのが「交通事故」

卸店の駐車場に行くと必ず事故で車体が凹んでる車や、擦ったあとがある車などを見かけます。

大抵、初心者マーク。

都心部以外、ほぼ必ず運転が必要なこともあり、ペーパードライバーは慣れない運転と慣れないMRという仕事から事故を起こします。

事故を起こしてしまったのは仕方のないこととですが、製薬会社としては仕方ないではすまされません。

なぜなら莫大な保険料を払っているから。

ただでさえ、MRが多く、保険料がバカにならないのに、事故を起こすとその分、保険料が上乗せされます。

言ってしまえば無駄な経費ですからね。

そんなことから、会社としてもある対策を立てます。

それが一定期間の搭乗停止というもの。

MRにおける営業車の搭乗停止は死活問題

あまりにも交通事故が多いということで、事故や違反をした際に搭乗停止になるケースがあります。

製薬会社によって違うようですが、例えば、スマホをいじっていて捕まったら1週間の搭乗停止や、事故を3回繰り返したら2週間の搭乗停止など。

特に交通事故の多い新人MRは、搭乗停止になるケースが多いです。

搭乗停止になると営業車が使えないので、バスや電車などの公共交通機関を使わなければなりません。

なかには途中までMSや他社のMRに乗せてもらうこともあるようです。

ヒッチハイクみたいですね。

どちらにせよ、そんな状態で訪問できるクリニックや病院なんて限られてます。

要するに営業効率激減です。

それを逆手にとって、

新人MR

新人MR
営業車使えないけど、先生のところに頑張ってきました!

と大きな荷物を抱えて訪問している新人MRを見たことがあります。

惰性で仕事してるオジさまMRよりはドクター受けは良さそうです。

まあ、そもそも事故すんなよって話ですが…

ということで、事故の多い新人MRさんお気を付け下さい。

事故が多すぎてMRから別の部署に異動になったという例も聞いたことがあるので要注意です。

 

蛇足ですが……

もしぼくが搭乗停止になったら、カフェでずっとサイト作成とかしてるんだろうな(笑)

MR(仕事)以外にやること、やりたいことを持ってると割り切って時間を有意義に使えるかもしれませんね。

複業MRならではの働き方!

複業MRとは?

複数の生業(なりわい)を持つMRのことを指す造語。

ぼくの場合、「MR」「ウェブサイト運営」という2つの生業(なりわい)を持っています。最近では「不動産投資」を勉強中…

これからは「MR×〇〇」といった複業が当たり前になる!

という予想からMRやMRになりたい人向けに自分のライフスタイルなどを発信しています。