今の会社以外でMRとして働けますか?MRが自己研鑽にお金を使うべき理由

こんにちは、複業MRのたかくんです。

サラリーマンの悪しき習慣「はなきん」「花金」「ハナキン」

「花の金曜日」の略で、土日の休み前に飲み歩いて楽しむなどの意味だそうです。

すでに死後になってるので若手のMRは知らないかもしれませんが、「ハナキン」が死語になっても、本当にいるんですよね。

「金曜日だから飲みに行こう」という発想の人。

この考えが、ぼくには理解できません。ギリギリゆとり世代だからでしょうか?

金曜日に変わりばえのないメンツで飲みに行くぐらいなら、その時間をもっと他のことに使いたい。MRという職業ならなおさら、そういう考えが大事な気がします。

MRなら飲み会ではなく、自己研鑽や家族に時間とお金を使おう

MRだったら、「金曜日=飲みに行こう」ではなく、もっと自己研鑽や家族と過ごす時間に費やすって考えにならないのでしょうか?

医療業界、製薬業界が変わっていく真っ只中で、「金曜だー飲みに行くぞー」ってのは、茹で蛙まっしぐらな気がします…

そういうMRは淘汰されていくのでしょうが、いまだにこういうMRがいるのが不思議。

ひと昔前なら普通だったかもしれませんが、これだけ価値観が多様化してるなかで、二次会、三次会と後輩を連れまわして飲みに行く意味が理解できない。

しかも結局、途中から覚えていない。とか普通に言ってるし。ストレス発散に付き合わされる身にもなってほしい。

MRはただでさえ、平日は家族と過ごす時間がないし、意識しないと自己研鑽の時間は取れません。

その時間になにをやるか?

それを意識するだけでも早ければ2、3年後には変わってくるはず!少なくともダラダラと同じ代り映えのないメンツで飲み歩いているMRよりはマシです。それだけ今は製薬業界・MRの変革の時期だとひしひし感じます。

「MRと面談しない」というドクターも増えてきてるなかで、変わりばえのないメンバーで酔っ払いながら話してても、なんの生産性もありません。

飲み会がダメなわけではない。飲みに行くメンバーが問題

ただ単に、飲み会を否定しているわけじゃありません。ぼくもお酒は好きだし、飲み会の雰囲気は好きです。

ただし、参加メンバーが大事。毎回、変わりばえのしないメンバーで、社内のあれやこれやを話してるぐらいだったら、参加する意味はないので、他のことをしてたほうがまし…

飲みに行きたい人だけで行ってくれればいいものを、ありがたいことに毎回のようにお誘い頂いております。もちろん丁重にお断りしていますが…

ただでさえ、同僚のMRとは一緒に過ごす時間が長いのに、なぜ夜まで一緒にいなきゃいけないの?

と、どうしても思ってしまいます。行かなかったら、付き合い悪いとか言われるし。

こっちとしては、「飲みに行くぐらいだったら、家族と過ごすとか、違う業界の人と飲みに行くわっ!」って言ってやりたい。

ということで例えば、違う業界の人と飲みに行くのもひとつの選択肢ですね。

MRだと、どうしてもMR同士でいることが多くなり、視野が狭くなりがちです。

視野を広げる意味でも、関係ない業界の人と飲むのも新たな発見があって、おもしろいもんです。

あとは、二次会、三次会と、無駄にはしごする人が意外といます。というかその場の雰囲気でしょうがなく行ってる人がどうやら多そうということがわかってきました。

正直、一次会で終わればいいものを二次会、三次会と飲み歩く意味がわからない。

一次会で終われば、そのあと本読んだり、勉強したりできるけど、三次会までいくと、次の日まで響きます。なかには、毎回のように記憶をなくしてる人もいます。

子供の運動会に二日酔いで行った、なんて笑い話をしてる人もいましたが、信じられない……

飲み会がムダとはいわないけど、やるなら有益な飲み会にしたいですよね。

ただ単にストレス発散のために飲みに行くのは、意識が低すぎないかなー?と余計な心配をしてしまいます。

結構前にTwitterで

社内に金曜日になると飲みに行きたがる人がいる。
いわゆるハナキン?
そういうの正直苦手。
なんで毎日会ってる人と夜まで付き合いたいんでしょうか?
だったら、社外の人とかもっと家族と時間を増やすとか、あるでしょ?
金曜日の夜ぐらい早く帰って家族と話す時間を作ろう。

なんてことをつぶやいてました。(ツイートが埋もれてて見つかりませんでしたが)

そんな風に社内に対して悶々としているときに、まさにぼくが思っていたことが書いてあったので、思わずシェアしたものを紹介します。

「今働いている企業以外では働けません…」
っていう人は、本当にヤバイと思いますよ。
今、自分が勤めている企業以外でも働けますか?

これを肝に銘じながら、自分を高めていきたいですね。

ここでいう「今働いている企業以外では働けません…」って人が、金曜日にはなにかにつけて、飲みに行きたがる人が多い、さらにいうとムダな二次会を好むような気がします。

ということで、MRなら飲み会より自己研鑽!

 

複業MRとは?

複数の生業(なりわい)を持つMRのことを指す造語。

ぼくの場合、「MR」「ウェブサイト運営」という2つの生業(なりわい)を持っています。最近では「不動産投資」を勉強中…

これからは「MR×〇〇」といった複業が当たり前になる!

という予想からMRやMRになりたい人向けに自分のライフスタイルなどを発信しています。