MRが感じる将来への不安とその対処法

たかくん

たかくん
はじめまして、複業MRのたかくんです。このサイトは現役MRがワクワクして働けるための情報発信を行なっています。

ぼく自身、現役のMRですが、MRは恵まれている職業である反面、不安が多い職業だと実感しており、その不安を払拭するためにさまざまな取り組みをしてきました。

そういった実践経験を踏まえて、不安をワクワクに変えられるような情報発信をテーマにしています。

▼当サイトおすすめ記事

MRの年収について現役MRがぶっちゃける
⇒みんな大好きお金の話しです。

MR(製薬会社の営業)におすすめの副業を現役MRが解説
⇒最近増えてきた副業について解説してます。

MRにないたい方へ!
⇒MRのやりがいや向いている人などをまとめてみました!

現役MRが不動産投資をはじめるために行ったこと
⇒不動産投資をはじめるまでの経過を現在進行形で記事にしています。

プロフィール
⇒ぼくがMRとして働きながら複数のウェブサイトを運営するようになった背景はこちらからどうぞ

 

現役MRは不安だらけ?

製薬業界は今後大きな変化が待っていると言われています。以前から「MR不要論」なども出ていますが、今がもっともMR自身が敏感に反応している時期かもしれません。

国内の大手製薬会社でも早期退職の動きが止まりませんし、後発品会社との連携なども今後加速することが予想されます。

そんななかで、MR自身が自分は今後どうなっていくのか不安に感じるのは当然の反応だと思います。

例えば…

  • MRという職業に対する不安
  • MRとして働く環境への不安
  • MRとしてのキャリアへの不安

などがあります。総じていうと「MRとしての将来への不安」になるかなと。

「MR不要論」からくる、職業自体への必要性の不安、そして今後減少傾向にあるなかで、自分自身がMRとして生き残っていけるか?さらには全国転勤というなかで、自分の家(終の住処)をどうするか?など不安を挙げればキリがなさそうです。

MRの不安を取り除く方法とは?

現役のMRであるぼくが、こういった不安を乗り越え方法としてオススメしているのが、情報発信すること。それにはついては別記事でいくつか書いています。

他には「自分会議」の時間を取ることも有効です。何かの本で読んで実践してみたんですが、今でもたまには「自分会議」の時間を取ることで頭のごちゃごちゃを整理できたりします。なにより文字を書くことが少なくなったのでノートに書くという作業もリフレッシュになったりします。

「自分会議」とは?

「自分会議」とは、その名の通り自分自身と会議すること。具体的には、紙とペンだけを持って、とことん自分と向き合う時間のことです。

一度立ち止まってカフェに入って真っ白いノートを開いて「今までのキャリアの整理」「今後の自分のキャリアの希望」を考える、そんな時間を「自分会議」としています。

営業時間のスキマでも休日でも構いませんが、ポイントはできるだけ邪魔の入らない環境にすること。

もちろんこれで不安がなくなるわけではありませんが、考えや漠然とした不安のタネが明確になるだけでも不思議と気持ちが落ち着きます。

「自分会議」の具体的な問いとしては、

  • なぜMRをやっているのか?
  • 今後自分はどうしていきたいのか?(家族、仕事)

これらについて「なぜ?」を5回繰り返して理由を深堀していくと本音が見えてくるのでオススメです。

これが整理できれば、不安も多少はラクになっているはずです。

MRの不安を取り除くオススメのサービス

さらに「今までのキャリアの整理」と「今後の自分のキャリアの希望」を考えるうえでサポートになるのが転職サービスです。

これは転職を考えていない人にもオススメで、ノートを開いて自分と見つめあったあとは、自分では気づきにくい部分を第三者の意見として聞いてみると、より明確になってきます。

たとえ、あなたが転職を考えていなくても、自分のキャリアを客観的に整理できる機会は自分で動かなければできません。自分の今までのキャリアの棚卸としても活用できるので、思い立ったが吉日で、すぐに申し込んでみることをオススメします。

ここで行動できる、行動できない、という選択で自分の今後が変わっていく可能性があります。行動するとなにかしら変化があります、その変化がいい刺激になって、いい流れができていく…そんな経験誰にでもあると思います。このサービスはそのきっかになるものです。

ひとりで悩まずにプロの相談相手にいち早く頼っておけば、時間が無駄にならなかったのに…と後悔する前にまずは一度下記のサイトを覗いてみてください。

このDODA(デューダ)という転職サービスは、医療(メディカル)業界の転職に強く、MRの案件も多数あるので自分の選択肢の幅も広げてくれるはずです。自分の可能性が広がれば、より働き方も柔軟になります。

まだDODAのようなサービスを使うほど転職を考えてないって方はこちらで情報収集するのが吉。

ぼくも使ってみましたが気軽かつ安心して情報収集できるのでオススメです。

良くも悪くもDODAは直接の相談になるのでハードルが高くなりがち、その分、第三者(転職のプロ)に相談できるというメリットはありますが、まだ転職をそこまで考えていない方の場合はMIIDAS(ミーダス) で情報収集からはじめてみるのがいいとでしょう。

転職エージェントとは異なり、アプリで質問に答えていくだけでオファーがもらえるという仕組みなので、自分自身がどういった会社に向いているのか知るいい機会にもなります。いわゆる探す転職ではなく、探される転職。このタイミングだからこそ、自分の市場価値を診断するにはもってこいですね。