アウトプットが苦手だった僕が、情報発信を続けられている理由

英字新聞

アウトプット(情報発言)が苦手だった僕が得意とはいえないけど、アウトプットが続けられている理由

を紹介します。

そもそも情報というものはインプットとアウトプットすることで、自分の知識になっていきます。

インプットしたものはアウトプットしなければ意味がありませんし、インプットがなければアウトプットできない。

要はバランスが大事ってことですね。ただ、僕はアウトプットが苦手でした。

本(特にビジネス書)を読むのは好きでしたが、それを発信するのがどうも苦手で、自分の中にため込むだけで終わっていました。
 
実際、本は読んだだけじゃ意味がないと思い、ノートに書き写したり、携帯のメモやメールに保存したりしてました。
 
(ちなみに今ではエバーノートに保存するのが習慣になってます)

ただ、内容を書いておくのはいいのですが、それをアウトプットすることができず、自分の中で完結してしまい、自己満足で終わっている状態でした。

このままでは、何のためのインプットかわからないと、ブログをはじめましたが、すぐ挫折…

自分のための文章と、伝えるための文章はまったく異なり、人に見られる文章がいかに難しいか実感しました。

そうやってブログで挫折すること数回…アウトプットに関して、ヒントになる本に出会いました。

それが、

「世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?/戸塚隆将」という本です。
 
 

アウトプットのヒント

 
その本の内容を一部紹介します。
 
 
インターネットやスマートフォンのおかけで、情報収集は容易になった。
逆に言えば、インプットで差をつけにくくなった。
その情報からいかに自分なりの意見を持ち、意味合いを導き出せるか、
というアウトプットが価値の源泉になりつつある。
 
 
 
この部分を読んで改めてアウトプットの重要性を感じたわけですが、それと同時に、
 
「自分なりの意見」
 
「意味合いを導き出す」
 
という部分がアウトプットのヒントになるんじゃないかと感じました。

つまり、同じ情報でも受け手によって捉え方が異なる、そして、そこからどういう意味付けをするかで差別化できるのでは?と考えました。

 
例えば、先ほど紹介した文でも

 インターネットやスマートフォンのおかけで、情報収集は容易になった。
逆に言えば、インプットで差をつけにくくなった。
その情報からいかに自分なりの意見を持ち、意味合いを導き出せるか、
というアウトプットが価値の源泉になりつつある。

で、僕はアウトプットに注目して意味づけをしましたが、
インプットに焦点を当て、意味づけをすることもできます。
 
 
インターネットやスマートフォンのおかけで、情報収集は容易になった。
逆に言えば、インプットで差をつけにくくなった。
 
 
というところに注目すると、
 
 
「情報収集がしやすくなったけど、
問題は情報の質ではないでしょうか?」
 
 
というような意味付けができますよね。
 
 
 
このようにどこに着目するかで、情報の捉え方は変わります。
 
そして、それは人によって異なります。
 
それが「意味合いを導く」ということ。
 
 
 
さらに、そこから、「自分なりの意見」を述べることで差別化につながります。
  

自分のフィルターを通す

 
つまり、自分のフィルターを通してアウトプットするということです。
 
「自分の考え、は自分だけのもの」
 
この考え方によって、気張らずアウトプットできるようになりました。
 
 
自分の生い立ち、性格、環境などなど、自分の経験は自分しかしてないんです。
兄弟でも考え方って違うぐらいですし、まったく、同じ人生を歩んできた人なんていないんですから。 
だから、自分で感じたことを伝えればいい、否定されても関係ない、人の考え方はいろいろです。
 
そう割り切ると、アウトプットのハードルがグッと下がりました。
万人に受け入れられるってことは、誰からも受け入れられないのと、同じです。
 
だから、最低限の文章マナーはおさえながら、自分の思いを書けばいいと思います。
 
▼おすすめ!
複業MRとは?

複数の生業(なりわい)を持つMRのことを指す造語。

ぼくの場合、「MR」「ウェブサイト運営」という2つの生業(なりわい)を持っています。最近では「不動産投資」を勉強中…

これからは「MR×〇〇」といった複業が当たり前になる!

という予想からMRやMRになりたい人向けに自分のライフスタイルなどを発信しています。