Renosy(リノシー)で不動産投資のクラウドファンディングに申し込んでみる!注意点や方法など

Renosy(リノシー)クラウドファンディング1

不動産投資をはじめるにあたって、リアルに検討しているRenosy(リノシー)というサービスがあります。

そのRenosy(リノシー)新しいサービスを始めました!

それが不動産投資のクラウドファンディング!

これが画期的かつおいしいサービスなので、とりあえず余裕資金の100万ぐらいぶっ込んでみようと思います。

詳細はこちらから>

 

Renosy(リノシー)の不動産投資におけるクラウドファンディングとは?注意点や方法など

そもそも不動産投資におけるクラウドファンディングとはどんなものなのか?というところですが、こちらに説明がありました!

元本の安全性
ファンドの仕組み
お客様は、優先出資者として当社と匿名組合契約を締結し、出資金を払い込みいただきます。
劣後出資部分は当社が払い込み、優先出資金との合計額にて運用資産を取得し、
その運用資産から得られた利益を出資者に分配します。
分配にあたっては、まず優先出資者であるお客様に、物件ごとの配当利回りに至るまで優先的に分配し、
その後、残利益があった場合に、劣後出資者である当社に分配されます。
Renosy(リノシー)

簡単にいうと、出資者とRenosy(リノシー)がお金を出し合って不動産投資を行い、運用益を分配する。

分配は出資者に優先的に分配する。

という仕組み!

お金だけ出して、Renosy(リノシー)が運用して運用益をもらえるというもの。

物件によって、利回りなどは異なるようですが、今(2018年8月1日)は第1号として、利回り8%のものが募集中です。

運用期間は3ヶ月で年間利回り8%なので、3ヶ月後に期待できる利益は…2%!

100万入れれば、3ヶ月後に2万が利益になる!

銀行に預けても0.数%のご時世にこれはすごい!

お金が働いてくれるってことですね。

…とは言ってもそんなにおいしい話があるか!

と心配になるところですが、こんな説明が…

優先出資者の元本の安全性を高める
運用資産の評価額が下落した場合、その下落額は、まずは劣後出資者である当社が負担し、
劣後出資者の元本全額をもって補填できない場合には、優先出資者の元本が減少します。
すなわち、不動産評価額が運用開始時評価額の30%超下落しなければ、お客様の元本に変動はございません。
(優先出資:劣後出資 = 70:30の場合)
*下図の例の場合、運用不動産の評価額の下落幅が3,000万円(運用資産1億円×30%)以内であれば、
優先出資者(お客様)の元本金額に変動はございません。
Renosy(リノシー)

優先出資:劣後出資 = 70:30の場合、評価額が30%以上下落しなければ元本に変動はない…

「不動産評価額が運用開始時評価額の30%超下落しなければ、お客様の元本に変動はございません。」

かなりリスクが抑えられそう!出資者の割合が少なければリスクは上がりそうですが…

んーこれは…かなり魅力的!

とはいえ、全資産つぎ込むほどの勇気はないので、余裕資金でやることにします。

キリよく100万!

Renosy(リノシー)の不動産投資クラウドファンディングを申し込むための準備・注意点

いざ不動産投資のクラウドファンディングを申し込もうと思いますが、登録が諸々必要なので、注意が必要です。

まずはRenosy(リノシー)への会員登録が必要。

そこからさらに出資者登録が必要ですが、Renosy(リノシー)会員登録は簡単なので、その後の出資者登録についてご紹介します。

Renosy(リノシー)クラウドファンディング1

出典:Renosy(リノシー)

出資者登録について~Renosy(リノシー)の不動産投資クラウドファンディングを申し込むための準備~

Renosy(リノシー)の会員登録後に必要な出資者登録について紹介します。

まずは名前などの基本情報

  • 名前
  • 住所
  • 生年月日
  • 勤務先 などなど

▼年収などの情報も入力欄があります

Renosy(リノシー)クラウドファンディング1

出典:Renosy(リノシー)

 

次に投資方針について

  • 投資方針(当てはまる項目1つにチェックを入れてください)

A. 元本が減少するリスクは極力低くし、安定収益を重視する。
B. 「A」よりは元本減少のリスクは高いが、収益性も重視するバランス投資。
C. 元本減少のリスクは高くとも、何よりも収益性を重視する。

Renosy(リノシー)クラウドファンディング1

出典:Renosy(リノシー)

 

そして本人確認書類

  • 本人確認書類
    本人確認書類とは、以下に例示されている
    写真付き身分証明書となります。
    ・パスポート
    ・個人番号カード(写真付き住民基本台帳カードを含む)
    ・運転免許証(都道府県公安委員会発行のもの)
    ・在留カードまたは外国人登録証明書
    ・未成年者の場合には、上記本人確認書類+親権者の同意書+親権者の本人確認書類
    上記をお持ちでない場合には、下記2点
    ・健康保険証
    ・国民年金手帳

最後に通帳などの情報

  • 通帳、キャッシュカード、ネットバンキングの画面のいずれかの画像
    ・銀行名
    ・支店名
    ・口座番号
    ・口座名義
    が記されている、通帳の表面あるいは見開きページ、またはキャッシュカード、またはネットバンキングの画面の画像をアップロードしてください。

 

以上でRenosy(リノシー)の新しいサービス、不動産投資のクラウドファンディングに申し込むことができます!

結果も随時紹介しようと思います。

 

興味のある方はこちらからどうぞ⇒Renosy(リノシー)

 

▼追記ーー2018年8月4日

2018年8月2日18:00から募集開始とのことだったので、18:05ごろページを確認してみると…アクセスできない!

明らかにアクセスが集中してる!

で、18:10にはすでに249%の達成率!

Renosy(リノシー)クラウドファンディング5

その後もアクセスできない状態が続いて…アクセスできた頃には574%!

Renosy(リノシー)クラウドファンディング6

▼宣言通り100口100万出資で応募しました。

 

Renosy(リノシー)クラウドファンディング6 Renosy(リノシー)クラウドファンディング6

▼メールが届き、抽選結果は改めて連絡がくるとのこと

Renosy(リノシー)クラウドファンディング6

しかしすごい競争率…応募はしたもののどうなんだろう。

確率低そう…

また報告します。

Renosy(リノシー)の不動産投資クラウドファンディングを申し込んだ結果

Renosy(リノシー)の不動産投資クラウドファンディングを申し込んだ結果が8月15日にメールで届きました。

Renosy(リノシー)クラウドファンディング6

Renosyクラウドファンディングをご利用いただき、誠にありがとうございます。
抽選の結果、大変恐縮ではございますが、Renosy キャピタル重視型 第1号ファンドにつきまして落選となりました。
ご応募いただいていたにも関わらず、ご希望にお応えすることが出来ず申し訳ございません。

今後もRenosyクラウドファンディングでは新規のファンド募集を行っていきますので、その際には是非応募のご検討をお願い出来ますと幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

見事、落選!!

やっぱり競争率高いですね。

ただ、第二弾が登場したので再チャレンジしました。

またこちらも報告します。

▼追記2ーー2018年9月4日

またしても落選!!

Renosy(リノシー)クラウドファンディング6

 

複業MRとは?

複数の生業(なりわい)を持つMRのことを指す造語。

ぼくの場合、「MR」「ウェブサイト運営」という2つの生業(なりわい)を持っています。最近では「不動産投資」を勉強中…

これからは「MR×〇〇」といった複業が当たり前になる!

という予想からMRやMRになりたい人向けに自分のライフスタイルなどを発信しています。